Skip to content

自分に合った店を見つけること

sexy-918424_640

キャバクラと言えば、ひとくくりに言えば大体同じような店ばかりだけれど、やはりお店一件一件が様々な個性を持ち、

自分に合うか合わないか、そこの違いだけだと思う。
そうでなければ、お店の名前や内装、システムにそう大差は無い。

なので、こういったお店に通い続けるのは、自分に合ったお店を探すところに尽きると思う。
よく接待などで色々なキャバクラに足を運ぶサラリーマンの人たちがいる中で、自分のお店を持っている人たちは、そんなに居るもんでもないし、持ってても一件か二件くらいで、しかも週に1回行くか行かないかなものである。

特にそういったお店思ってない人たちにとっては、キャバクラに連れていかれたところで、物珍しくお店の女の子たちと、楽しくおしゃべりをして終わるか、連れてきてもらった方の酒の肴になる程度に終わってしまう。

そうならないためにも、まずは楽しみまた来たいというお店を探す努力をしないといけない。
そうやって見つけたお店が、夜の楽しみとなり、やはり自分が見つけたお店だから、他のそのお店の常連と仲良くお酒を飲み交わすこともあれば、友人知人を誘って、飲みに行くこともできるという友人知人を誘って、飲みに行くこともできるという、夜の遊びの選択肢が増える。

類は友を呼ぶとはよく言ったもので、自分にあったお店には、自分にあった女の子、他の常連の人たち、お店の雰囲気等、必然的に集まってくる出会いの場となるのがキャバクラであり、大人の男性の楽しむ場と言えるだろう。